Beauty at its best

What happens when beauty and simplicity connects. We tried to give you a slight hint of that with the Colorway Theme.

Slide 1

Power of Easiness

This Colorway Wordpress Theme gives you the easiness of building your site without any coding skills required.

Power of Speed

The Colorway Wordpress Theme is highly optimized for Speed. So that your website opens faster than any similar themes.

Power of SEO

Visitors to the Website are very highly desirable. With the SEO Optimized Themes, You get more traffic from Google.

Ready Contact Form

Let your visitors easily contact you. The builtin readymade contact form makes it easier for clients to contact.

From The Blog

  • トランプでもいい?

    来月、11/8に投開票日を迎える米大統領選挙戦。 米国の大マスコミによる”世論調査”によれば、10月に入りヒラリー・クリントンがドナルド・トランプを僅差で上回る状況が続いています。 米国のマスコミは日本にも増して中立性が低く(独裁国家などに比べれば非常に”クリーン”ではあるものの)、彼らの支持する候補が有利となるようなバイアスのかかる報道を行いがちだそうです。 ドナルド・トランプは過激な言動や考え方から忌避される向きも多かろうと思いますが、強い米国を取り戻すといった点が米国内の中産階級から下の、いわゆる”非エスタブリッシュメント層”から絶大なる支持を受けています。 「強い米国」とは軍事力を背景に対外的に強くあろうというのではなく、米国内産業を復活させ、強い経済を取り戻すという意味です。 また、政治家らしからぬ歯に衣着せぬ言動は、裏を返せば「裏がない」といった点も受けています。 対するヒラリー・クリントンは言行不一致であり、いわゆる「政治家的な言動」が却って不信感を持たれています。 ヒラリーが大統領になった後の米国は、オバマ政権同様、惰性的に弱体化が続くといった印象も強いようです。 共和党は本来、「1%の金持ち」のための存在でしたが、皮肉な事にトランプを支持しているのは「1%の金持ち以外」の人たちです。 彼の言うように米国経済が復活するのであれば、結果として世界経済にとってもプラスとなるわけで、言動や髪型が気に入らないとしても、「トランプでいいか」とも思うのです。 Continue Reading...
  • 9月に9月権利銘柄を買うな

    世の中にあふれる情報は、必ずしも正しいものばかりでなく、気をつけた方が良いものもたくさんあります。 そしてやっかいなことに、そうした情報は表面的にはまったく正しいようにさえ思えます。 そのひとつが、「おすすめの株主優待銘柄」という情報。 投資情報誌や証券会社から出されるこうした情報は、投資家のためにと用意されたもので、表面的には全く間違ってはいないように見えます。 ですが、こうした特集的な情報は得てして出される時期が大問題です。 9月末権利銘柄を、9月に入ってから紹介するためです。 基本的に銘柄と株主優待の情報は、その企業が見直しをしなければ一年中変わらない情報です。 スクリーニングなどを行えば、希望情報に沿った株主優待を出す銘柄の情報は、一年いつでも入手できます。 さて、株価とは常に変化するものです。 業績悪化が公表されれば下がり、良い情報が公表されれば上がります。 また、配当や株主優待権利時期が近づくころに上昇し、権利落ち後に下落します。 9月権利銘柄にとって、9月という時期は一年で最も株価が高くなりやすい時期です。 優待権利が欲しい人にとってはいつ買おうとも良いと思えますが、投資コストは最も高くなるのです。 デイトレーダーに限れば、この情報は間違っていませんが、数ヶ月から数年のスパンで投資する投資家にとって、こうした時期にこうした銘柄をおすすめというのは、そうしたリスクもあるということを合わせて出すべきでしょう。 Continue Reading...
  • 好景気が嫌なのか

    日銀が金融緩和を拡大しています。 国債買い入れ増枠、マイナス金利、ETF買い入れ増枠など、なんとかして国内で流通するお金を増やし、お金を使ってもらうことで国内景気を好転感させ、その結果として物価が上昇することを目指している日銀ですが、奏功していません。 まったく奏功していないわけではなく、いずれも株価上昇には一役買っており、株価が騰がったことによる好循環は生まれています。 ただ、株式市場や上場企業周辺が潤っただけで、日本の隅々まで恩恵に与れたかと言えば、そうではありません。 だから政府としても、「その流れに乗っかってくださいね」ということでNISAを子供にまで展開して、株の売買で出た利益で家計を潤わせ、そちらからも景気浮揚の足がかりとしたいのでしょう。 ですが、株式市場というものは、弱肉強食の世界ですし独特の世界ですから、投資信託ならともかく多忙なサラリーマン世帯に容易に行えるものでもないでしょう。 「と言いながら何もしないのは、あなたの勝手だ」という見解もあろうかと思いますが、現状に不満があるのであれば何か手を打つべきなのは間違いない事実です。 乱暴な手段ですが、用意はあるという意味では無為無策でも無いのですが。 好景気のためにはとにかくみんながお金を安心して使える、これが大事ですが、それが何なのか政府には議論を尽くして貰いたいと思います。 Continue Reading...
Theme from InkThemes.com are based on P3+ Technology, giving high speed, easiness to built & power of SEO for lending trustworthiness and experience to a customer. The Themes are really one of the best we saw everywhere.
Neeraj Agarwal